40代の化粧水はパシャパシャいこう

40代で肌の保湿力を高めることの重要性

40代になると、それまではあまり目立たなかったシミ、しわ、くすみ、ほうれい線、毛穴のたるみ、などが目立ってきます。
また、敏感肌や乾燥肌にもなりやすくなります。原因は、40代になるとホルモンバランスが崩れて新陳代謝が遅くなるからです。新陳代謝が遅くなると、古い肌が新しい肌に入れ変わるまでの期間が長くなるので、肌に何かトラブルがあってもなかなか治らなくなってしまいます。

 

シミやくすみがなかなか消えないのは、シミやくすみの原因であるメラニン色素が古い肌と一緒に排出され難くなるからです。入れ替わる期間は、平均で20代では約28日間ですが40代では約55日間もかかってしまいます。

 

それに、この期間が長くなると、保湿効果のある体内のセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが減少していきます。すると、紫外線などの外部刺激から肌を守ったり、肌の中の水分を保護する機能が弱くなってしまいます。

 

そのため、敏感肌や乾燥肌になりやすくなるので、肌が荒れたり老けて見られることが多くなります。
以上の理由から、40代以上の方のスキンケアには肌の新陳代謝を良くするだけでなく、保湿力を高めることの重要性がとても高いといえます。シミやたるみも気になりますがまずは保湿重視の基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

 

40代が使用する基礎化粧品でおすすめなのは、肌の保湿力を高めるのに有効なセラミドや、保湿を助けるだけでなく肌に弾力を持たせる働きのあるコラーゲンやヒアルロン酸が含まれているものを使用することが重要になります。